【完成】新しいミシンでパターンレーベル「キッズTシャツ(110)」を縫うの巻き

先日、私ごとながら勝手にご報告させていただきましたとおり、4年来の相棒と別れました。
といっても、ミシンの話ですが(笑)
今度の新しいデキル相棒は、ジャノメミシンのHS-70(職業用ミシン)。
縫い目が、恐ろしい位に美しいのは認識できたのですが・・・・なにぶん4年も超シンプルな家庭用ミシンとお付き合いしていたもんで、高機能に慣れません(笑)
おっかなびっくりしながら、針停止位置を変えてみたり(上でも下でも選べるんですよ。)。
「とりあえず下糸ないことには、はじまらんな~」と説明書を片手に、セットして・・・。
おお~!!下糸は、ボタンを押すと巻き始め、巻き終わると自動で止まった!!
下糸巻き専用モーターがあるらしい。すごすぎ!!

上京してきた田舎者(失礼・汗)ばりに、独り言全開で右往左往している怪しい裁縫おばさん。
そんな状態でやっと作れたのが、こちら。

パタレさんのキッズTシャツ(110)布はスローボートさん

パタレさんのキッズTシャツ(110)布はスローボートさん

最近、娘のリクエストがふりかぼさんばっかりで、恐ろしく上着が不足している状態に気がつき慌ててパタレさんのTシャツを制作。
相変わらずの型紙の素晴らしさと美しい縫い目の完成品に、一人納得するものの・・・ここからが撃沈。
心の余裕を感じられないまま取り掛かったもので、絶対今の娘の好みじゃない柄をセレクトしてしまい・・・・「ぜったい、こんな服着ない!!」と娘にそっぽ向かれてしまいました。
そうよね・・・そう思って、裁縫おばさんはRick Rackで購入した「アイスクリームのフロッキープリントを付けてみたんだけど、どう?」とすり寄ってみるものの・・・。

意味が無かったフロッキー作戦

意味が無かったフロッキー作戦

「そんなの関係ないから!!」と完全拒否体制の娘。
4歳児、激しすぎます・・・。

タイトルとURLをコピーしました